シャンプーが合わないとニキビができます


シャンプーが合わないとニキビができます
もともと肌が敏感で自分の肌に合う化粧品を選ぶことは大変です。
それでもまさか頭皮も敏感だということには、しばらく気づきませんでした。
そのため、シャンプーを選ぶのは特に気に留めず、特売品の物や口コミ評価の高い物を適当に選んで使っていました。
でもある時、頭皮が痛くなりました。痒みもあって頭皮を触って見ると大きく腫れたニキビができていました。
少し触るだけで激痛があって、髪の毛を洗うことも大変でした。
ニキビができることもよくあるので、すぐ治るだろうと思っていたのですがなかなか治りませんでした。
顔にニキビができると馬油などを使って小さくすることがあったので、馬油を頭皮につけてみました。
痛みが和らぎ小さくなってきたのですが、それ以来頭皮にニキビができると治りづらいということが分かるようになりました。
痒みや痛みが伴い生活を送っていると気になるので、頭皮にニキビができることを防ぐにはどうしたらよいかを考え始めました。
自分なりに何が原因になるかを観察したところシャンプーが要因になることがあると感じました。
油分が多いシャンプーやシリコン入りのシャンプーを使うとてきめんに頭皮にニキビができます。美容院でシャンプーしてもらう時、使ったことのないしっとり系のシャンプーを使われるとてきめんに頭皮が痒くなって、次の日には頭皮ニキビができます。
美容院で洗ってもらう時は仕方がないのでニキビができても我慢しますが、普段は厄介な頭皮ニキビができないように慎重に選んだシャンプーを使っています。

膝の黒ずみの原因と簡単なケア方法


“膝の黒ずみはさまざまな原因があります。そのひとつが摩擦です。ナイロンタオルで膝をゴシゴシ洗っていませんか?また、立て膝の姿勢や足を組むクセも摩擦を起こします。日本人の膝が黒ずみやすいのは、たたみや床に座る生活習慣が関係しています。膝をつく回数が自然と多いため、摩擦により膝の表面が刺激を受けてしまうわけです。

また、紫外線も膝の黒ずみの原因となります。膝が出る服装は、紫外線の影響を受けやすいため、油断大敵です。夏場の短パンとかも同様です。摩擦や紫外線がなぜ膝の黒ずみを作るかというと、メラニン色素が作られてしまうからです。メラニン色素が沈着するとシミ・ソバカスの原因になりますよね。膝でも同じことが起こるわけです。

膝の黒ずみをケアしたいという方がいたら、このサイトをチェックしてみてください。

まずは、摩擦や紫外線を避けるようにしましょう。また、もうひとつの原因として乾燥があります。膝は皮脂腺が少ないため、カサカサになりやすい部分です。乾燥していると、皮膚のバリア機能が失われ、紫外線の影響を受けやすくなります。

この膝の黒ずみを改善する簡単なケア方法があります。スプーン4杯ほどの重曹を器に入れ、水を少し足しペースト状にします。膝にペースト重曹を塗って、やさしくマッサージして、洗い流します。最後に、保湿クリームで塗りましょう。角質をきれいに落としてくれる重曹によるケアはやりすぎは禁物です。1週間は間をあけるようにしましょう。普段のお手入れはお風呂上がりの角質がやわらかくなったときに、保湿クリームを塗るだけでよいです。